モーグルコースを攻略しよう!

>

モーグルはどう練習すればいい?

基本的な練習

まずはモーグルの基本的な滑り方の練習をしてみましょう。

まずは、整地でターンの練習をしましょう。
膝でリードするターンの練習をすることが第一歩です。
まず、ブーツの前方につま先を上げるようにして圧力をかけてみましょう。
これがベストポジションなので、しっかり確認してください。
プルークボーゲンというターンの技術で練習をします。
さきほど言ったように、前に圧力が常にかかるようにして練習してみましょう。
慣れてきたら斜面にステップアップしてみましょう。

整地でのポジション取りの練習をすることで、体にベストポジションを覚えさせることができます。
そうすれば、斜面で練習したときの上達が早く、ステップアップが楽です。
難しい技をする前に、土台をしっかり作っていきましょう。

こぶを使った滑りとエア

こぶ斜面では、板のトップをこぶの凸部分に当てれば止まることができます。
止まる方法を常に忘れなければ、止まれなくて危ないということはほとんどありません。

整地で練習したように、前方に圧力をかけてましょう。
すねでブーツを押すイメージでポジションをキープし、こぶの溝を横切るラインに沿って滑ってみましょう。

ターンの切り替えは、こぶの凸からはじまり、凹部分を横切り、また凸にのぼったところで切り替えます。
これをくり返し、こぶに慣れていきましょう。

モーグルのエアの練習がしたい、というときに、まず基本の形を練習してみましょう。
エアの基本は棒ジャンプです。
エアの台の傾斜が立ち上がっている部分の手前で姿勢を低くしておきます。
トランジション部分にきたらリップに合わせて立ち上がり、踏み切りましょう。
お尻を引き締めるのがポイントです。


この記事をシェアする